アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定

header-photo-planner
アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定(ABC検定)は、日本ブライダル文化振興協会(BIA)が実施するものです。
主に、ブライダルやホテル、観光系のBIA会員専門学校の学生を対象に行なっています。
これからブライダル業界で活躍したいと考えている方は、取得しておいた方が良い資格でしょう。

資格の特徴

最近のブライダル業界では、時代の変化とともに健婚式の儀式や慣例も変化し始め、非常に多様な結婚式がおら割れ始め、新郎新婦のニーズを第一にくみ取りサポートすることが何よりも重要視されるようになりました。
こうした現状から、新郎新婦のニーズに対して適切な提案ができる人材を育成をすることを目的に、アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定が作られました。

検定の範囲

検定範囲は、ブライダルに関する基本的な知識や最新の業界事情から主に出題されます。
解答形式は筆記のみでマークシート方式の合格点は70%以上と設定されています。
受験対象者は、BIA会員の専門学校、大学2年次修了者、BIA会員企業の従業者などが当てはまります。
誰でも受けることができるわけではないので、確認しておきましょう。

まとめ

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定は、時代の変化に合わせて多様なニーズに合わせられるような人材の育成を目的に実施されました。
ブライダルコーディネーターになるための必須資格ではありませんが、これからブライダル業界を目指そうとしている方にとっては、有利に働く資格でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする