IBC検定について

CDS_weddings_TP_V (1)
ウェディングプランナーとして働くためには、特別な資格は必要ありません。
しかし、ウェディングプランナーは人気な職業であるため、資格を持っていた方が、就職が有利となるのは致し方ありません。
どういう資格であれど、勉強をしなければいけないのは必須です。そのため、資格というのは勉強した証とも言えます。
今回は、IBC(イントロダクショントゥザブライダルコーディネーター)検定について、ご紹介します。

資格の特徴

BIA(日本ブライダル文化振興協会)が実施するIBC検定は、ウェディングプランナーとして働く上で必要な知識と技術を、きちんと持っているか確認するためのものです。
その理由としては、ブライダル業界が個性化と多様化が求められているという実情を、突きつけられているからです。
そのため、その状況に対応できる人材を育成するために、下地となる基礎的な知識や技術の習得こそが、IBC検定になります。
受験の対象は、ブライダル業界への就職を目指す社会人や、大学や短大を卒業する新卒の方です。

IBC検定を受けるには

IBC検定の試験を受験するには、要件を満たさなければいけません。
要件を満たすには、BIAより認可されているIBCカリキュラムが実施されている指定校にて、必要な単位を取得しなければなりません。
他の条件としては、高校卒業予定の方、もしくは18歳以上の方に限られます。
指定校は東京に大阪、長野などにあります。

資格を取得するには

試験内容としては、ブライダルの基礎知識及び関連する専門知識が出題されます。
そして、プレゼンテーションもする必要があります。
先ほど述べた通り、受験の対象はブライダル業界へ就職するために指定校に通い勉強した方なので、実務経験は問われません。
そのため、事前準備を怠らなければ、合格できるのではないでしょうか。

まとめ

IBCという資格は、必ずしも持っている必要はありませんが、就職に一歩近づくための貴重な武器となります。
IBC以外にもウェディングプランナーの資格はありますが、基礎知識や技術の習得には無難な選択肢かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする