ウエディングプランナーの資格について

wed-j
ウエディングプランナーになるために、必ず必要な資格は特にありません。
しかし、目指す上で有利になる仕事や、ウエディングプランナーとして活躍できる資格があります。実際の現場で活躍できる資格には、どのようなものがあるのでしょうか。
それぞれの資格を例に挙げて、具体的に見ていきましょう。

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定、通称「ABC協会」という資格があります。
全米ブライダルコンサルタント協会認定試験で、専門学生が受験する資格です。
実技ではなく、ブライダルの実務知識が試されます。
このような資格をもっているだけで、就職は有利に働くので積極的に取得するようにしましょう。

BIAブライダル・コーディネーター検定

BIAブライダルコーディネーターは、アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定に合格しないと受験できない資格です。
基本的に、ブライダル業界を目指している社会人や学生向けの資格です。
ブライダルの実際の仕事をする上で必要になる実務知識や接客技術が問われます。
ペーパーテストや論文、面接から合格者を選定します。
ウエディングプランナーの資格としては非常にメジャーなものなので、保有しておいて損はありません。

ウディングスビューティフルジャパン認定資格

ウエディングスビューティフ協会が認定している、ウエディングプランナーの認定資格です。
ウエディングプランナーとドレスコーディネーターの2種類の資格があり、現場の声や研修マニュアルを元に作られたプログラムが組まれており、ブライダル業界の知識や実際の仕事場での技術を基礎から学ぶことができます。

IWPAJapan認定ウエディング資格

IWPAウエディングプランナー協会が認定している資格です。
ブライダル系の資格が多くあり、ブライダルの実際の現場力となる知識や技術を学ばなければなりません。
また、「日本資格」と「英語資格」があり、両方の資格を取得すると「IWPA認定ウエディングプランナー」として認定されます。

>>ウェディングプランナーの求人ならこちら

まとめ

ウエディングプランナーの資格には様々な種類があります。
実施される協会も違ければ、試験内容も異なってきます。
ウエディングプランナーになるにあたって、必ずしも必要な資格というわけではありませんが、業界未経験の方にとっては有利に働く資格でもあります。
そのため、未経験からブライダル業界でキャリアを進めたい方は取得しておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする